OpticBookシリーズ(OpticBookA300PlusOpticBook4800OpticBook3800L など)を使い始めのとき、また、久しぶりに起動させたときに、「内部エンジンが引っかかる」、「ぶつかる」と言う趣旨のお問合せをいただくことがあります。

 

原因の多くに、「スキャナー底面のロックを正しく解除していない」ことが上げられます。

 


 

スキャナーロックの状態=使用できません

 

 

スキャナー底面を見た際、ロック部分が飛び出している状態だと、「ロックがかかっている状態」であり、「スキャナーは使用できない」状態となります。

 

 


 

ロックを解除する = 使用できる状態

 

 

1)出荷時の状態は「ロックされた状態」で固定されているので、「スライド部分」を手前に引き、突起物を押し込みます

2)突起物を押し込んだ状態で、「スライド部分」を突起物に差し込みます。

 

「突起物が中に入って固定された状態」が、「ロックが解除された状態」であり、「スキャナーが使用できる状態」となります。

 

 


 

スキャナーを収納したり、スキャナーを移動させたりする際、このロック部分が何かにぶつかり、ロックが入ってしまうことがあります。

また、ご自身でロックをセットしたことを忘れ、久しぶりにスキャナーを通電させ、「使用できない!」と思われるケースも散見しております。

 

 

ご確認の上、ご利用いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

 

 

...